キャッシング審査

Go Gentle

銀行カードローンが延滞に厳しい理由

1週間以内の延滞は初期延滞といって、キャッシングではそれほど問題にはならないのですが、銀行直営のキャッシングやカードローンの場合は話が別です。

銀行が個人への少額融資に本格的に参入したのはごく最近のことです。この分野において銀行は十分なノウハウをもたず、その業務のほとんどを系列化した消費者金融に丸投げしています。銀行カードローンの注意書きに「利用できるのは保証会社の保証を受けられる人のみ」と書いてありますが、これはその消費者金融の審査に通った人だけがカードローンを利用できるということなのです。

回収ノウハウに乏しい銀行は延滞に対してもそれを利用して収益を上げる術をまだ持っていません。彼らにとって初期延滞は単なるリスクでしかないため、それが大きくならないうちに対処しようとします。これはすなわち数度の初期延滞での利用停止や契約解除、更新拒否などとしてあらわれます。

銀行のキャッシングやカードローンが延滞に厳しいと言われるのはこのような事情があるからなのです。



スピード融資

キャッシングが利用できるようになると

キャッシングが利用できるようになると、お金を借りる事が出来るようになるんですが、キャッシングは審査に通ればその後は自分の好きな時にお金を借りる事が出来るようになるので、非常に便利だと思います。

生活しているとお金で困る事はあると思いますが、そんな時に毎回家族や友人に借りていたら信用もなくなりますし、貸してくれないという事も考えられると思います。

そのような時にキャッシングを契約しておけば、お金を借りることができるようになるので、契約しておくと役立つと思います。

審査には数日日数が掛かる事があるので、何かの時のために前もって申し込んでおくのも良いと思います。

数日も待てないという急ぎの時は、即日キャッシングを利用すると早い審査をしてくるので、すぐに利用する事ができるようになります。急いで審査をしてくれますが、勤務先の在籍確認に時間が掛かったり、借りる金額が大きいと審査に時間が掛かる事があるので、審査をする時は考えて申し込んだ方がいいです。

銀行カードローンのカードを利用中です

銀行カードローンと契約をしており、現在毎月3000円程度ずつ返済をしています。

多額のお金を借り入れても毎月の返済金額が数千円なので、大金を借りているという重荷を感じずに利用ができています。

毎月3000円の出費というと外食1、2回我慢すればいいだけの金額ですよね。

消費者金融のキャッシングからも借りていた時期があったのですが、そちらは今は完済しており契約だけは続けている状態です。

銀行カードローンで借りたお金の使い道ですが、フリーローンなのを良い事に日常的に色々な買い物に利用をしています。

欲しかった雑貨、本、洋服、靴、電化製品、交通費、などなど挙げればきりがありません。

こうして日常的に利用ができるのはその利便性にあり、カード一枚を持っていれば出先からでもたったの1分でお金を借り入れできるためです。

ATMにカードを入れるだけでお金を貸してもらえるのですから、とても便利でありもう手放せない代物だとまで感じています。

私が借り入れしている機関の支払い方法がリボルビング払いのため、返済の際に負担を感じられないようになっているのが利用し続けたい理由ですね。